ドイツのキャットフードが安心な理由は無添加

日本のキャットフードは法的な規制がないため、安全性に不安があるものが多いのが現状です。対してドイツでは原材料に対して法律で規制がされているため、安全なものが手に入りやすいです。
MENU

ドイツのキャットフードが安心な理由は無添加

ドイツのキャットフードが安心な理由は無添加

キャットフードを選ぶときに気をつけたいこと

日本では人間が食べるものには食品衛生法で規制がされていますが、ペットフードには何の規制もないため、ペットフード会社のやりたい放題という現状です。そのままではとても食べられないような原料に大量の添加物などを加えて作られているものがほとんどです。そんなフードを与え続けて、飼い猫の健康は守れるでしょうか?

キャットフードを選ぶときは、パッケージの耳障りのいい謳い文句だけでなく、その原材料までしっかり把握することが大事です。最低限、無添加で合成保存料を使用していないフードを選んであげましょう。

 

ドイツのキャットフードがオススメなわけ

飼い猫にとって安全なキャットフードを探すのは案外大変です。国内メーカーでも安全安心なフードを作る会社が増えてきていますが、まだまだ少ない状況です。それに対してドイツでは、ペットフードの原材料に対して厳しい規制があって、動物性・植物性原料や添加物などすべての材料について、人間が食べるのに適合するものでなければならないと法律で決められています。

そのためクオリティの高いペットフード会社が数多く存在します。例えばアニモンダは、安全性はもちろん、栄養素の面でもペットに最適な配合を徹底的に研究しています。

このページの先頭へ